2022-10

古典

第二百二十九段  鈍い刀の効用

よき細工は、少しにぶき刀をつかふといふ。妙観が刀はいたくたたず。 妙観:仏教工芸にも関わる僧の名。 「上手な細工師は、少し切れ味の鈍い刀を使うと言う。妙観の刀は大して切れない。」 鈍い刀を使った方がいい理由は書かれていない...
古典

《花すすきの侘しさ》

題しらす 平貞文 いまよりはうゑてたにみしはなすすきほにいつるあきはわひしかりけり (242)  今よりは植えてだに見じ花すすき穂に出づる秋は侘しかりけり 「今からは庭に植えて見ることもしまい、花すすきを。穂が出て目立つよ...
古典

第二百二十八段  釈迦念仏の起源

 千本の釈迦念仏は、文永の比、如輪上人、これを始められけり。 千本:京都市上京区北野天満宮の東北にある地。 釈迦念仏:遺教経を訓読みにして節を付け、終わりに釈迦の名を唱えたもの。 文永:1264年二月から1275年四月までの年号。...
タイトルとURLをコピーしました