古典

古典

《稲葉による風》

題しらす よみ人しらす きのふこそさなへとりしかいつのまにいなはそよきてあきかせのふく (172) 昨日こそ早苗取りしかいつの間に稲葉そよぎて秋風の吹く 「昨日早苗を取ったのに、いつの間に稲葉がそよいで秋風が吹くことだなあ...
古典

第百五十九段  貝の名へのこだわり

「みなむすびといふは、糸を結びかさねたるが、蜷(みな)といふ貝に似たればといふ」と、あるやんごとなき人仰せられき。「にな」といふは、あやまりなり。 「『蜷結びと言うのは、糸を結び重ねた形が、蜷という貝に似ているのでと言う。』と、ある高...
古典

《秋の初風への思い》

題しらす よみ人しらす わかせこかころものすそをふきかへしうらめつらしきあきのはつかせ (171) 我が背子が衣の裾を吹返しうら珍しき秋の初風 「愛しいあなたの衣の裾を吹き返し、衣の裏を見せる。ああ珍しくていいなと思われる...
タイトルとURLをコピーしました