2020-02

古典

ルロイ先生、死ぬのは怖くありませんか

 上野駅の中央改札口の前で、思い切ってきいた。「ルロイ先生、死ぬのは怖くありませんか。わたしは怖くてしかたがありませんが。」 かつて、わたしたちがいたずらを見つかったときにしたように、ルロイ修道士は少し赤くなって頭をかいた。「天国へ行くの...
古典

いっとう悲しいとき

「いっとう悲しいときは……?」「天使園で育った子が世の中に出て結婚しますね。子供が生まれます。ところがそのうちに、夫婦の間がうまくいかなくなる。別居します。離婚します。やがて子供が重荷になる。そこで、天使園で育った子が、自分の子を、またも...
古典

いっとう楽しいこと

「日本でお暮らしになっていて、楽しかったことがあったとすれば、それはどんなことでしたか。」 先生は重い病気にかかっているのでしょう、そして、これはお別れの儀式なのですねときこうとしたが、さすがにそれははばかられ、結局は、平凡な質問をしてし...
タイトルとURLをコピーしました