古典

家に至る

よふけてくればところどころもみえず。京にいりたちてうれし。いへにいたりてもんにいるに、つきあかければいとよくありさまみゆ。ききしよりもましていふかひなくぞこぼれやぶれたる。いへにあづけたりつるひとのこころもあれたるなりけり。なかがきこそあれ...
古典

帰京の喜びを歌う

よるになして京にはいらむとおもへばいそぎしもせぬほどにつきいでぬ。かつらがはつきあかきにぞわたる。ひとびとのいはく「このかはあすかがはにあらねば、ふちせさらにかはらざりけり」といひてある人のよめるうた、 「ひさかたのつきにおひたるかつらが...
古典

桂川を渡る

よるになして京にはいらむとおもへばいそぎしもせぬほどにつきいでぬ。かつらがはつきあかきにぞわたる。ひとびとのいはく「このかはあすかがはにあらねば、ふちせさらにかはらざりけり」といひてある人のよめるうた、 「ひさかたのつきにおひたるかつらが...
タイトルとURLをコピーしました