2021-08

古典

《雪に見紛う桜花》

寛平御時きさいの宮の歌合のうた  とものり みよしののやまへにさけるさくらはなゆきかとのみそあやまたれける (60) み吉野の山辺に咲ける桜花雪かとのみぞ過たれける みよしの:奈良県吉野地方。「み」は美称。 過たれける:...
古典

第五十段  流言飛語に惑わされる姿

 応長の比、伊勢の国より女の鬼になりたるを率てのぼりたりといふ事ありて、その比廿日ばかり、日ごとに、京・白河の人、鬼見にとて出で惑ふ。「昨日は西園寺に参りたりし」、「今日は院へ参るべし」、「ただ今は、そこそこに」など言ひ合へり。まさしく見た...
古典

《山桜の見え方》

歌たてまつれとおほせられし時によみてたてまつれる  つらゆき さくらはなさきにけらしなあしひきのやまのかひよりみゆるしらくも (59) 桜花咲きにけらしなあしひきの山の峡より見ゆる白雲 けらし:「・・・たらしい。」物事が過...
タイトルとURLをコピーしました