古典

神仏の恵み

三十日、あめかぜふかず。かいぞくはよるありきせざなりとききて、よなかばかりに船をいだしてあはのみとをわたる。よなかなればにしひんがしもみえず、をとこをんなからくかみほとけをいのりてこのみとをわたりぬ。とらうのときばかりに、ぬしまといふところ...
古典

和泉の国に来ぬ

三十日、あめかぜふかず。かいぞくはよるありきせざなりとききて、よなかばかりに船をいだしてあはのみとをわたる。よなかなればにしひんがしもみえず、をとこをんなからくかみほとけをいのりてこのみとをわたりぬ。とらうのときばかりに、ぬしまといふところ...
古典

土佐の泊まりに

廿八日、よもすがらあめやまず。けさも。 廿九日、ふなねいだしてゆく。うらうらとてりてこぎゆく。つめのいとながくなりにたるをみてひをかぞふれば、けふは子日なりければきららず。むつきなれば京のねのひのこといひいでゝ、こまつもがなといへどうみな...
タイトルとURLをコピーしました